エンジンオイルのグレードについて

エンジンオイルにはメーカーの「品質グレード」と「粘度グレード」があります。 品質グレードが現在の最高級「SJ」であっても、高温粘度が確保されているわけではないので、 使用するオイルの判断は「品質グレード」ではなく、あくまで「粘度グレード」で通常、行います。

尚、メーカーが指定する粘度グレードは、幅広い地域で使用するにあたっての様々なバランスを考慮して決められています。 また品質グレードが高い「SJ」クラスは、オイルの蒸発性、酸化安定性、泡止め性などが優れているため、長期間使用できるのでお薦めです。