LSDと4WD

LSDの効果については、 クルマは、カーブを曲がる時に外側の車輪が内側の車輪に比べて多く回転するため、左右の車輪では回転数が異なります。 そのため左右の車輪では回転数を整えるため、エンジンからの動力を地面に伝える駆動輪の内外の回転差を吸収する、デフを設置するのです。

しかし、そのデフも万能ではありません。 雪道などで片側の車輪が空転するとクルマが前に進まなくなります。 そのためにはデフの働きを制限するLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル・差動制限装置)の必要が生じます。 デフの働きを制限し、両輪に駆動力が伝えられるようにします。 LSDが働くと、左右のタイヤに安定して駆動力が伝えられ、FF車の場合は特に直進安定性の向上します。

4WDにあまりLSDの設定がない理由はFF車やFR車とは異なり一般的には必要ないからです。 「4WD+LSD」の設定は、モータースポーツでは不可欠な装置ですが、雪道などでも、4輪駆動だけで十分に対応可能です。

「FF車+LSD」と「4WDでLSDなし」では、「4WDでLSDなし」の方が安定性が高いためオススメです。 4WDは、4本のタイヤに駆動力を伝え路面を走行するため、FFやFRの2駆より安定性が高くなります。 「FF車+LSD」は、LSDがないFF車より安定性が高いとはいえ、4輪駆動と比べると圧倒的にリアの駆動力がない分、安定感に欠ける事が多いのです。

管理人も「4WD+スタッドレスタイヤ」でよく雪道を走りましたが、非常に安定しており、FR車で車のお尻をフラフラさせて雪道を走っていた時と 全く違う世界がそこにはありました。