CVTと車の駆動方式

現在主に使われているCVTはシフトショックがない、細かい制御ができるので燃費がよいなどの利点がありますが、 基本的に小排気量エンジンに適したトランスミッションです。 最近では3.0リッタークラスのクルマまで採用するようになってはきました。

CVTは一度滑るとさらに滑りやすくなってしまいまうので、大きな負荷は得意としていない特徴があります。 対する4WDはエンジンの動力を4輪の全てに伝えるので、トランスミッションの負荷はFF車に較べて大きくなります。 4WDはFF車に較べてトルクが効率よく地面に伝えられる反面、トランスミッションの負荷が大きくなってしまうのです。

そのため4WDは一般的なATでもなかなか多段化が進みまず、4AT、5ATが今でも主流です。 FF車が6段なのに、4WDは4段のままということも未だに非常に多いのです。 CVTが改良されていくつれて4WD車にも採用される日もくるかもしれません。