中古車を購入する場合のポイント

中古車を購入した場合、クルマの状態は、年式や走行距離、元の持ち主の乗り方、整備等によります。 年式が新しく、走行距離が少ないクルマは、部品の劣化も少なく、一般的には程度が良い傾向があります。

しかし乗り方や整備の仕方によっては必ずしも年式が新しく、走行距離が少ないクルマの方がよい訳ではありません。 整備された走行距離が10万km以上のクルマの方が良い場合もありえるのです。 そのため10年前だろうと、10万km以上だからといって、一概にコンディションの良し悪しを判断することはできません。 かなり個体差があると思っていたほうが良いでしょう。

しかし一つの目安としてですが、良し悪しの判断をするのにブレーキフルードがあります。 ボンネットを開けて、通常は左側にあるブレーキフルードのリザーバタンクをチェックして下さい。 タンクのなかのフルードが黒色の場合、定期的な整備は行われていなかったと考えられるため購入は見合わせたほうが良いでしょう。

中古車の購入の際には、素人では分かりづらい部分が多いので、保証の内容で判断することが重要です。