エアクリーナーの湿式と乾式

エアクリーナーは、エンジンに送り込んで、ガソリンと混合気をつくる空気の中のチリやゴミを取り除くものです。 一般的に、湿式より乾式のほうがゴミを通しやすく、 湿式のエアクリーナーフィルターは、油をスポンジやフィルター専用紙に含ませているため、空気の吸入抵抗は増えますが、より細かなチリやゴミを取り除いてくれます。

湿式のエアクリーナーはホコリをよく吸着するため、メンテナンスが重要です。 湿式のエアクリーナーの多くはそのため、通常、洗うことができるのです。 対して乾式については、メンテナンスが楽で、値段が安いというメリットがあります。 但し乾式では洗うことができないため、性能が劣化してきたときには交換する必要があります。

尚、乾式では、エアーでホコリを飛ばしたり吸い込むことで、ある程度性能が戻ることはありますが、 エンジンのコンディションのためには、こまめにフィルターをチェックし、交換および清掃することが大切です。