バッテリーあがり、車検切れのクルマを放置すると損

クルマは定期的に、エンジンをかけなければ、
スグにバッテリーが上がってしまい、
電気系統が動作しないため車は動かなくなります。

あなたはバッテリー上がりの自動車を
自宅の駐車場に放置したりしていませんか?

またバッテリー上がりや、
思わぬクルマの故障から、
そのままにしてしまい、車検が切れてしまったクルマはありませんか?

車検が切れてしまうと、
公道を走ることが出来ないので、
クルマを自力で動かすことも出来ません。

そうなれば、クルマの修理業者や、
中古車の買取り業者に来てもらうことになるのが一般的です。

さらには、あなたが廃車手続きをしていないければ、
その間の税金はあなたが支払わなければなりません。

税金関係だけでも、1年間では5万円程度はかかります。

車検も過ぎてしまえば、
さらに10万円は追加費用がかかります。

毎年、4月1日時点のクルマの保有者に、
自動車税の支払い義務があるので、
出来れば、それまでに必要な手続きをすることをオススメします。

自分で行うことが面倒な場合には、
廃車買取り業者などに一括して任せてみると良いと思います。

 

普段、クルマを運転しているなら、
多少のお金はかかってもしょうがありませんが、
動かないクルマを置いているだけで、
毎年、5万とか、10万も余分な出費となるのはつらいですよね。

 

  1. もし、あなたが駐車場に愛車を放置してしまっている
  2. 車検がきれたために動かせないクルマがある
  3. バッテリーや故障で動かないクルマがある

 

毎年、5〜10万も余計なお金を払う前に、
中古車や廃車買取りをおこなっている専門業者に
一度、見積りしてもらうのが賢明です。

その場合、動かせなくても大丈夫です。

業者があなたの自宅までクルマの見積りに来てくれるので、
修理代を出す必要もなく、車種や年式、走行距離などによっては
思いのほか、高額査定が期待できます。

当サイトお薦めの事故車買取り業者一覧はこちらをクリック

 

廃車のトラブル事例