廃車のトラブル事例(4)還付されない税金

廃車のトラブルとして報告されているのが、 還付される税金について、廃車買取り業者が何も説明もせずに、 ネコババしてしまうケースです。 一部、一般的な中古車買取り店等で報告されています。

ネコババとまではいかなくても、説明が不十分、または廃車費用を高く設定して、 還付される税金と相殺してしまい、結局、廃車を依頼した本人には還付されないケースなど様々です。 車検を通してすぐに、事故などで廃車せざるをえない場合に良くあります。

何故、そのような場合によく起こるのかといいますと、 車検を通して数ヶ月、または1年未満で廃車した場合には、車種によっては数万円〜10万円位の支払った税金の還付を受けられるからです。

この還付制度を知らない場合には、本来、廃車業者が説明すべきところですが、 事故車などの場合には、その他の問題が発生していたり、緊急に廃車しなければならなかったりと、 慌てているので、廃車業者に全てお任せになりやすいので注意しましょう。

では、どうしたらこのようなトラブルを回避できるのか。 それには当サイトで紹介する、複数の業者に一括して無料の見積査定をお願いしてみたらよいでしょう。 1回の作業で複数の業者に一括して無料の見積査定ができるので、労力も少なく、且つトラブルなく安全に廃車をすることができます。 さらには高額査定で車を買取ってもらうためには最良な方法です。

当サイトお薦めの事故車買取り業者一覧はこちら

トラブルの多くは、基本的なことを行っていない場合に起きていますので、 廃車の際には当サイトの廃車の基礎知識を参考にしてください。 また、主なトラブル事例については幾つか代表的なものを記載しております。

廃車のトラブル事例