廃車のトラブル事例(3)見積査定時のトラブル(営業マン編)

廃車の見積査定時に起こるトラブルとしてあるのが、 自宅に上がりこんで査定の営業マンが帰らないというケースです。 そんなことあるの?実際に起こっているケースです。 営業マンもノルマの達成のために必死なのでしょう。 必死のあまりに帰らないという暴挙に出てしまったのだと思いますが、 居座られた方は非常に迷惑です。 このようなトラブルは廃車の依頼をしたお客さんが、女性やお年よりの場合に幾つか報告されています。

どうしたら、このようなトラブルを回避できるのか? やはり、家族の男性がいる休日などに無料の見積査定をお願いすることが基本です。 男性がいない場合、またはどうしても、女性だけで対応しなければならない場合には、 複数社の無料の一括見積に出すことです。 次の業者が見積もりに来ている場合、前の業者は必然的に帰らざるをえなくなります。 当サイトで紹介する、複数の業者に一括して無料の見積査定を試してみてください。 1回の作業で複数の業者に一括して無料の見積査定ができるので、労力も少なく、且つトラブルなく安全に廃車をすることができます。 さらには高額査定で車を買取ってもらうためには最良な方法です。

当サイトお薦めの事故車買取り業者一覧はこちら

トラブルの多くは、基本的なことを行っていない場合に起きていますので、 廃車の際には当サイトの廃車の基礎知識を参考にしてください。 また、主なトラブル事例については幾つか代表的なものを記載しております。

廃車のトラブル事例