車検は何をするのでしょうか

自分でユーザー車検を受けた経験のない方は、通常分からないと思いますので基本的な車検の流れを説明いたします。

1.検査受付窓口にて書類の検査後、コースへの指示がありますので、 指定されたコースに自分の車を乗り入れて順番を待ちます。

2.検査コース入口付近で、自動車の外観検査である、ウィンカーなどの球切れ、 ホイールナットの緩み、窓ガラスフィルムの有無などを行い、車台番号を確認します。

3.外観検査が終了後は検査コースです。最初にサイドスリップの検査を行います。 左右に動く鉄板の上を通過して、タイヤやハンドル操作の狂いがないかの検査です。

4.前輪・後輪のブレーキ検査です。ローラーの上に車輪を乗せて、案内板の合図に従ってブレーキを踏みます。

5.スピードメーターの検査です。スピードメーター検査用のローラー上で、 案内板の合図に従ってアクセルを踏み、自動車のメーターが40kmになった時点でボタンを押します。

6.ライトと排気ガスの検査となります。所定の場所に停車し、ライトをハイビームで点灯させます。 検査機器が上下左右に動いてライトの向きを検査している間に、横に設置してある排気ガステスターを自分でマフラーに挿入します。 尚、検査時はギヤをパーキングまたは、ニュートラルにし、サイドブレーキを引いておきます。

7.自動車の下回りの検査です。 検査官が、マフラーの緩み・オイル漏れ・部品の損傷などをチェックします。

8.すべての検査が終了したら、出口にある制御室に書類を提出し、確認印をもらって再度受付窓口に行き車検の終了です。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 北陸 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 近畿 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄