自動車リサイクル法とはどのような法律ですか

2005年1月1日からスタートした自動車リサイクル法は、資源を無駄遣いをせずに、自動車を処分解体したときなどにでるゴミを減らし、 車のリサイクルを円滑に推進するために、 車の所有者、廃車業者、自動車メーカー・輸入業者にそれぞれの役割を定めた法律です。

車の購入者である我々一般人はメーカーが定めた「リサイクル料金」を支払う義務を負っています。 2005年1月以降に新車を購入した人は、新車購入時にリサイクル料金を支払っています。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 北陸 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 近畿 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄