中古車購入時に支払う費用にはどのようなものがありますか

中古車に表示されている価格は、本体価格です。 実際の購入金額は、法定費用、手続代行費用など、おおよそ本体価格にプラス30万円位となります。 中古車の購入時に必要な費用について下記に記載しているものがあります。

中古車購入費用

法定費用の内訳

(1) 自動車取得税: 自動車の取得に対して課税される都道府県税です。車を購入した人が納める税金で、一度納めるとその車を使用する限り再び課税されることはありません。 「車の取得価格」に対して課税されます。自家用自動車の場合、取得価格の5%、軽自動車は取得価格の3%。 取得価格には、本体+付属品(カーステレオ、エアコン、フォグランプなど)は含まれますが、 フロアマット、標準工具、スペアタイヤなどの価格は含まれません。 尚、中古車などで自動車の取得価格が50万円以下の場合には課税されません。

(2) 自動車税 : 排気量に応じて課せられる都道府県税。通常は年度単程で課税されます。 4月1日の時点での所有者(使用者)が納めることになっています。 中古車の場合、登録の翌月から3月末までの期間分の月割りとなります。 また、軽自動車の場合は月割り制度ではないため、購入時に自動車税を負担する必要はありませんが、翌年度分からは支払わなければなりません。

(3) 自動車重量税 : 車両の重量によって課税される国税です。車検時のみに納税支払いする義務があります。 車検が残っている中古車を購入する場合には必要ありませんが、車検が残っていない場合には車検時に支払わなければなりません。

(4) 消費税: 車両の代金をはじめ販売店の手数料などに現行5%が加算されます。法定費用には課税されません。

(5) 自賠責保険: 車の所有者、または使用者が必ず加入しなければならない強制保険。

(6) リサイクル料金: リサイクル料金は車種によって違います。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 北陸 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 近畿 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄