新車登録時に支払う税金は何がありますか

自動車を購入する場合には消費税・自動車取得税・自動車税・自動車重量税があります。 尚、中古車を購入する場合には年数によったり、車検の有無によって変わります。

(1)消費税: 車両本体や代行手数料(各種費用・登録代行費用・納車整備費用等)に発生する消費税です。

(2)自動車取得税: 自動車取得税は、店舗で販売された価格ではありません。新車当時の価格(メーカー価格)と初年度登録からの年数によって金額が決められます。 その金額は、自家用車の場合「車の取得価額(課税標準額)×税率5%」。 軽自動車の場合「車の取得価額(課税標準額)×税率3%」となります。 しかし、初年度登録から4〜5年以上経過した車や取得金額が50万円以下の車に関しては免税です。

(3)自動車税: 4月1日時点での車の所有者または使用者に課せられます。中古車などの場合、購入時 (移転登録・名義変更)時に新たに自動車税を支払う必要は本来ありませんが、通常、店舗に対し自動車税の月割りを支払うのが一般的です。 尚、金額は車の排気量によって決まっています。

(4)自動車重量税: 自動車重量税は、車の車両重量に応じて、税金が決められます。新車購入時や車検ごとに期間分を一括で支払います。 中古車などで車検が残っている車を購入する場合は、支払う必要はありません。 そのため中古車で、車検期間が長いものを購入した方が自動車重量税分、得になります。車種によっては10万円位はお得です。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 北陸 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 近畿 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄