廃車手続きする場合にはどんな種類がありますか

廃車(抹消登録)手続には「一時抹消」「永久抹消」「輸出抹消」の3種類があります。 通常は、再利用可能な一時抹消が多いのですが、自動車 解体をして2度と利用不可能な永久抹消の場合もあります。

■ 「一時抹消登録手続き」は海外出張等で長期間に渡って、車を使用しない場合に手続きを行います。

■「永久抹消登録手続き」は、自動車を解体した場合に解体証明書を業者から受け取り、手続きします。

■「輸出抹消登録手続き」は、車を海外へ輸出した場合に使用します。

「一時抹消登録手続き」は海外に出張して長期間に渡って車を使用しない場合やディーラー等で長期間、車を在庫として保管する場合などに使用されます。 「一時抹消登録手続き」を行うことで自動車税の支払い義務をとめることができます。

「永久抹消登録手続き」はいわゆる車を完全に解体することによる廃車です。 「永久抹消登録手続き」を行った場合には自動車税・自賠責だけでなく、車検が残っていれば、その残存期間に応じて重量税も戻ってきます。

「輸出抹消登録手続き」は廃車買取・引き取り業者で海外へ輸出された場合です。 この場合、先に支払っていたリサイクル料金が還付されます。 リサイクル料金は車を解体した際に生じる廃棄物の処分費用に充てられるため、海外へ輸出した場合はその料金が不要となるのです。

尚、リサイクル料金の支払いがない分、重量税の還付もないので、 車検期間が多く残っている車の場合は、自動車 解体(永久抹消登録手続き)した方が得になります。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 北陸 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 近畿 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄