事故車売却

事故車を売却する場合に、最もやってはいけない事は事故歴を隠して事故車を買取業者に売り渡してしまう事です。 買取業者であれば、売却後に事故歴や改造歴発覚すれば、契約が解除されてしまうのは勿論のこと、違約金まで請求されます。 違約金まで払うということになれば、それまで掛かった費用、例えば、出張買取に要した実費や必要経費といったものまで請求されるので、 車を売って、プラスになるどころかマイナスの大きな損失・出費となってしまいますので気をつけましょう。

事故車の売却のみならず事故を起こしていない車であってもメーターの改ざんはもっとも悪質です。 申告しておけば買い取ってもらえたかもしれない車でさえ、数十万円も損をしてしまうこともありますので、 事故車の場合には分かっている箇所についてはきちんと業者に申告しておくことです。

事故車関連